都心に建てるマイホーム

収納スペースの確保

収納スペースの確保

収納スペースの確保 家を建てたいと思っても都内では、土地の値段が高いので地方のように広い土地にたてることはできません。
そのため狭小住宅になるケースは多いです。
そこでの暮らしを快適に過ごすためには知恵と工夫が必要です。
どんなにすっきりと暮らしたいと思っても、最適源の生活雑貨はあるのでその収納スペースの確保が大きな問題です。
収納スペースをなるべく吊り収納にして床におくものを少なくするのもいいでしょう。
家具をおかず作り付けのものにしたり、階段の下の部分を収納にしたり床下収納などをつくって、普段使用しないものはそのスペースにいれるなどの工夫が必要です。
狭小住宅でも快適に暮らすポイントはまずは、最低限のもので暮らすという覚悟も必要です。
1つの家具でいろいろな用途に使えるものなどを利用したり洋服も最低限のものを工夫することで、生活をする必要があります。
狭小住宅であっても、いろいろ工夫することで快適にすっきりと生活することはできます。

狭小住宅を建てるには生活導線を考えて工夫を

狭小住宅を建てるには生活導線を考えて工夫を 狭小住宅を建てる時には、面積の狭さを不便に感じさせないような生活導線を考えた配慮が必要です。
生活導線に配慮した間取りになっていると、面積がコンパクトでもそれほど不便を感じることがありませんし、逆に無駄に広いよりも便利で使いやすく感じることもあります。

狭小住宅は土地や建物の面積が小さめですので、家族が使いやすい間取りにするのが暮らしやすさのポイントです。
たとえば洗濯機から洗濯物を干す場所までの距離を短くする間取りにするといった工夫は毎日の家事のスピードを数段アップさせることが出来ます。

又、キッチンからダイニングに配膳しやすいように工夫した造りにしておくと、毎日の食事の支度も格段に楽になります。
小さなことに感じますがこうした配慮は毎日を狭小住宅で暮らす上で意外と重要なポイントです。
使う人の数だけ動きがありますので、それらがぶつかりにくい間取りを考えるのも狭小住宅を建てて快適に暮らすには必要です。