都心に建てるマイホーム

快適に過ごす為の狭小住宅

快適に過ごす為の狭小住宅

快適に過ごす為の狭小住宅 狭小住宅は、小さな総床面積に3LDKや4LDKの間取りを設計しているので部屋1つ1つが小さく、階上の生活音が階下に響いてしまう建物が数多くあります。この住宅は、総床面積が小さい事から在来工法やツーバイフォー工法で建築される事がほとんどであり、通し柱が太い獣鉄骨工法や壁が厚くなるRC工法で建築される事がないので生活音が響く住宅です。在来工法やツーバイフォー工法は、各部屋が狭いと1階の天井と2階の床の間のスペースが細かく仕切られており、2階の床と1階の天井の間のスペースで2階の生活音や振動が乱反射するので非常に気になる直下音として1階の生活に悪影響を及ぼします。
その為、在来工法やツーバイフォー工法の狭小住宅は、2階の生活音が響かない様に遮音木質フローリングや再生ポリエステルの防音材を使用するなどの対策が必要であり、防音性だけで無く遮熱性にも優れている気泡コンクリートの床材を使用するなど建築する際に注意する施主が増加しています。

狭小住宅を検討している場合はまず注意点を理解しておく

狭小住宅を検討している場合はまず注意点を理解しておく 最近では、特に都心部で「狭小住宅」を選ぶ人が増えています。一般的に15坪以下の土地に建てられたものを言いますが、小さくても土地代があまり掛からなかったり固定資産税が抑えられるので人気があります。しかしながら狭小住宅ならではのトラブルもあり、その一つが境界線の問題です。
地域によっては隣家との境界線からの距離が決まっているところがあります。境界線から50cm程度離して住宅が建てられます。これは民法上の決まりなので、その地域の慣習を優先したり隣家の了承がある場合は守られていないこともあります。勝手に建てると怒る隣家もありますので注意が必要です。50cmを切る場合は隣家に申し出ることを忘れてはいけません。
そして騒音もまた近隣住民との間でトラブルが起こりやすいです。狭小住宅は隣家と接しているため、大きな生活音が聞こえてくる場合もあります。多いトラブルは小さな子供の騒がしい声や食器を片付ける音、テレビの音などに対するものです。静かな地域では特に騒音が目立つ傾向にあるため、狭小住宅を検討している場合は注意点を理解してから行動に移しましょう。