都心に建てるマイホーム

収納スペースをうまく活用

収納スペースをうまく活用

収納スペースをうまく活用 土地が狭い場合は狭小住宅を建てるようになりますが、生活をするスペースだけではなく、収納をする場所も確保するようにしなくてはなりません。
たくさんの物を部屋の中に出していると生活をするスペースが狭くなってしまう為、工夫をして設計をしていく必要があります。
狭小住宅で収納場所を確保したいのであれば、階段の下スペースを有効に使用するようにしましょう。
階段の下の部分は空間が出来る形になりますので、その空間を利用して物置を作るようにしたり、トイレを作れば無駄がありません。
狭小住宅の限られたスペースの中で、無駄な空間をそのままにしておくのはもったいないですので、無駄なスペースはどんどん活用していくようにするといいでしょう。
工夫を凝らした設計にする事で、狭小住宅でも圧迫感を感じることなく広々とした空間の中で圧迫感を感じることなく生活をしていけますので、いろいろな設計方法によって場所を確保していかなくてはなりません。

狭小住宅で布団収納スペースに向いている場所

狭小住宅で布団収納スペースに向いている場所 都会に多く見受けられる狭小住宅の場合、たくさんの家具を置くことが出来ず収納スペースも限られているのが特徴です。
今、狭小住宅にお住まいで布団の収納場所に困っているという方におすすめしたいリフォームが、床下の活用リフォームです。
どのご家庭でも床下部分には大きな空間があいています。
ここには水道管・排水管・ガス管といったインフラ設備を通すための空間ではありますが、それらが通っていないところはリフォームをすることが可能です。
床下に収納スペースを設けることで、布団を入れておくことが出来出すのもとっても楽になります。
リフォーム方法も簡単なもので、「収納ユニット」と呼ばれる1畳から2畳ほどのボックスを床に埋め込むだけで完成です。
あとは床板を引き上げれば収納場所として使用出来、快適な暮らしを狭小住宅でも送れるようになります。
費用はおよそ10万円~15万円ほどなので、お手軽な価格であり工期も半日で終わらせられます。