都心に建てるマイホーム

狭小住宅を建てる際のポイント

このサイトでは狭小住宅を建てる時に必要な知識や便利な情報を紹介します。
狭くて小さい住宅というと、暮らしにくそうなイメージがありますが、高さを出したり収納スペースを十分に確保することによって快適に過ごすことが出来ます。
更に防音対策をしっかり行っておくなど構造面でも面積に合わせた配慮をすることで過ごしやすい住宅を作ることができます。
工夫をすることでコストパフォーマンスに優れた住宅を作ることも可能です。

あえて都心に狭小住宅を建てるメリットとは

狭小住宅に有効な間取りはどんなもの? 都心に狭小住宅を作るのがブームとなっています。
同じ価格帯であればマンションのほうが便利という意見もありますが、それでもやはり一軒家の人気は根強く、共用スペースが無く全て家族で使うことができる戸建てはコンパクトな造りといえど魅力は同じです。
都心に戸建て住宅を建てようとすると土地にかかる費用の問題で一般的には狭小住宅になるケースが目立ちますが、敢えてそれを選択するメリットとしては、マンションのように管理費や修繕積立費が高騰するリスクがなく、自分のペースで積み立てられることにあります。
又、土地も資産になりますし家族のライフスタイルに合わせて間取りやデザインを考えて実現出来るメリットもあります。
自分の土地と建物という安心感も、集合住宅にはない魅力です。

狭小住宅のデメリットを知っておきましょう。

狭小住宅のデメリットを知っておきましょう。 狭小住宅は一般的な住宅とは違って、土地が狭いので費用を抑えた施工ができるなどのメリットがありますが、多少のデメリットもあります。
狭小住宅は近隣の住宅と隣接している所が多いので、プライバシーを守るためには、防音設備などをきちんとしておきましょう。
狭小住宅は日当たりが悪くなることが多く、結露や湿気、カビなどが発生しやすくなることもあります。
住宅の施工を依頼する時は、なるべく通気が良くなるように工夫をしてもらうことも大事です。
住宅が古くなってくると、定期的にリフォームを行う必要がありますが、狭小住宅の場合は土地が狭いので重機などが入りにくく、外壁塗装や屋根などのメンテナンスの時が困難になるケースもあります。
狭小住宅は3階建て以上の高さにすることで、狭い土地でも有効に活用をして生活ができますが、一般的な住宅に比べると多少のデメリットもあるのできちんと理解をしておきましょう。
狭い土地や変形した土地に家を建てたい人が多いですが、快適に生活をするためには、じっくりと時間を掛けて家事動線の良い間取りにしておく必要があります。
多少のデメリットはありますが、都心などでは住宅を建てたい人も多く土地を有効に活用しましょう。

狭小住宅関連おすすめリンク

狭小住宅 東京